写真 昭和初期
宮町旅館兼割烹奥文楼

「孝行鰻(こうこううなぎ)」
 天保六年(一八三五)に宮後町で生まれた奥田文左衛門の三男、文三郎は子供のときに両親に先立たれ、隣家の左官屋に引き取られ、弥吉という名に改めて左官の見習いをしていたが、生計が十分でないので内職にうなぎのかば焼きをはじめた。
重箱にかば焼きを入れ、風呂敷に包んで雨の日も風の日も山田の町中を売り歩き、夜は翌日の準備をし、自分の身は少しもおかまいなしに養父母に尽くし、行商で見聞してきた話を毎日父母に聞かせて喜ばせるのを楽しみとする孝行ぶりを、誰いうともなく「孝行鰻」と愛顧した。
山田奉行がこれを聞き、感心な息子だと銅五貫を与えて表彰した。
 弥吉は明治二十一年に五四歳で世を去り、その子の文吉が実家を再起させ、うなぎの飯屋を継ぎ、家運隆昌、伊勢市宮町の割烹旅館「奥文楼」となる。